• タイムカードを使って勤怠管理

    給与計算は社員の勤務時間を正確に把握していなければ、社員に支払われる給与に差異が生まれてしまいます。
    給与を間違って支払ってしまうと、働いてくれている社員から不満が漏れて、業務に支障をきたすことも考えられます。

    こうした問題を無くすために、タイムカードを使った勤怠管理を採用している会社が多くあります。
    タイムカードの使い方は簡単です。
    出社時、社員一人ひとりに用意されたカードをタイムレコーダーに挿入して出社時刻を記録します。その後、退社する時にもう一度カードをタイムレコーダーに挿入して退社時刻を記録します。
    これで1日の勤務時間を記録したことになります。
    会社の規則によって、外出時や休憩時の時間を記録することもあります。

    livedoorニュースついてはこちらのサイトでご確認ください。

    タイムカードに記録された勤務時間を後でまとめて計算することで、社員に支払う給与を正確に計算することができます。



    最近では最新の電子タイムレコーダーが活躍しています。このタイムレコーダーは従来の紙媒体のカードを使わずに、ICチップ付きの社員証やタイムカードを使って勤務時間を記録します。電子タイムレコーダーはパソコンと接続することで、タイムレコーダーが記録した情報をパソコンが取り込んで出力することができます。


    従来までの紙媒体だと、社員のタイムカードを1枚ずつ確認して勤務時間をパソコンに入力する業務が必要でした。



    しかし、最新の電子タイムレコーダーを使えば、パソコンで勤怠管理や給与計算をするのが楽になります。