• タイムカードで勤怠管理

    • 従業員の勤怠管理を行うに欠かせないのが、タイムカードです。

      このタイムカーがなければ、従業員がいつ出勤して、いつ退勤したか全く把握できない状態になるでしょう。



      特に、時給制の勤務体系であれば、出退勤が把握できなければ、給料計算できません。

      しかし、従業員を多く抱えている事業所になれば月末に全従業員のタイムカードの結果を帳簿につけるのは非常に時間がかかります。
      そこで、勤怠管理に便利なのが、Excelによる管理です。
      従業員ひとりひとりにシートを配備し、タイムカードに打刻すると同時に出勤、退勤時間も毎日入力するようにして、管理すれば月末時点で沢山の入力を一度にする手間が省けます。まず、Excelの1Sheet目に原紙となる表を作成し、2枚目以降のシートの集計をできるように最初設定すれば、これを利用して、総出勤時間を算出することが可能です。

      ビジネスジャーナルの評判が高いです。

      給与計算は多くの企業では、総務課の仕事ですが、総務の仕事の一番のウエイトを占めるこの作業を簡単にできるようになれば、多くの作業時間を削減することが可能です。
      また、Excelが苦手な人でも、給与管理ソフトが量販店などで販売されているので、そちらを使っても効率よく給与計算を行うことが可能でしょう。

      初心者でも使いやすい仕組みになっています。



      いずれにしても、タイムカードの結果を月末に一度にまとめて行うのは、大変な労力と時間がかかりますので、あくまで効率よく管理する方法を取り入れて処理を行うとよいでしょう。

  • 1から学ぶ科学

    • タイムカードを使って勤怠管理

      給与計算は社員の勤務時間を正確に把握していなければ、社員に支払われる給与に差異が生まれてしまいます。給与を間違って支払ってしまうと、働いてくれている社員から不満が漏れて、業務に支障をきたすことも考えられます。...

  • 学ぼう科学の事

  • 注目情報・知識を増やす

    • タイムカード導入で給料計算を楽にする

      アルバイトやパートを雇う際、給料計算のために勤務時間の記録を取る必要があります。出勤時間や退勤時間、あるいは仕事のスタート時間と終了時間を記録しておき、それをもとに計算をします。...

    • タイムカードの保管期間と保管方法

      タイムカードは毎月の勤怠管理や給与計算に必要なものですが、その月が終わっても一定期間は保存して置かなければなりません。労働基準法では「賃金その他労働関係に関する重要な書類は3年間保存しなければならない」と記録の保存期間が定められています。...