• タイムカード導入で給料計算を楽にする

    アルバイトやパートを雇う際、給料計算のために勤務時間の記録を取る必要があります。


    出勤時間や退勤時間、あるいは仕事のスタート時間と終了時間を記録しておき、それをもとに計算をします。

    数秒数分単位は基本的に四捨五入され、その上で給料計算されます。


    これを各自が記録するのでは、ミスがごまかしが発生し、正しい給料を支払えない可能性があります。
    場合によっては損してしまい、赤字に繋がることもあるので、タイムカードの導入がオススメになります。



    タイムカードであれば、簡単に時間記録を残しておくことができ、専用の機械に通すだけで済むので楽です。

    これによって正しく時間を記録することができ、各自が責任を持って働くようになります。



    給料計算も、タイムカードの記録をもとにすれば良いので、ミスなく計算することが可能です。

    有名な毎日新聞に関する情報をご覧ください。

    ここで注意として、タイムカードを導入したとしても、不正に使えてしまうので注意しなければなりません。


    タイムカードをもとに給料計算するのであれば、退勤時間、または仕事の終了時間がほんの少し過ぎた後にカードを切ると、過ぎた分が給料に超過される可能性があります。これによって、余計に働いたことになり、その分給料を支払うことになります。
    だから、導入することを決定したのであれば、正しく使うことを研修し、各自が責任を持つことを再確認しましょう。

    また、カードを切るタイミングを確認し、不正がないかを見張っておく必要もあります。